HOME > 企業情報 > 事業紹介

事業紹介

当社は、遺伝子破壊マウス作製技術およびGANP®マウス技術を用いた抗体作製を基盤とするジェノミクス事業を展開しております。さらに、子会社である株式会社新薬リサーチセンターにおいて非臨床試験受託、株式会社ジェネティックラボにおける遺伝子解析および病理組織診断を展開しております。
当社および当社子会社で構成するトランスジェニックグループは、探索研究から医薬品、抗体医薬の研究開発、臨床に直結した病理組織診断をトータルでサポートしています。

事業概要

各事業について

ジェノミクス事業
ジェノミクス事業
 ジェノミクス事業においては、コンベンショナルノックアウトマウス、コンディショナルノックアウトマウス、ノックインマウス、トランスジェニックマウスなどの遺伝子改変マウスの作製受託のパイオニアとして市場を牽引し、実績と信頼を蓄積し、最新技術導入により、作製期間の短縮、高い成功率を実現しています。さらに、新しい研究ツールとして、各種病態可視化マウスなどの有用なモデルマウスの提供を行っています。また、CRO事業との連携により、GLP施設での遺伝子改変マウスを用いた非臨床試験受託も可能であり、当社独自のサービスとして優位性を図っています。研究開発の一環として、遺伝子改変マウス作製技術を基盤技術とし、組織・臓器レベルでのヒト化マウスの研究開発に取り組んでいます。
 また、GANP®マウス技術を基盤とした高親和性・高特異性モノクローナル抗体作製をはじめとするタンパク関連受託、試薬販売等のサービスを提供しています。さらに、外部研究機関と共同で各種がんマーカー、メタボリックシンドロームなどの診断薬シーズの研究開発にも取り組んでいます。
 ジェノミクス事業は、創薬プロセスにおける、標的分子探索および標的分子の同定の支援を行っています。
CRO事業
CRO事業
CRO事業においては、GLP及びGCP遵守の受託研究機関として、小動物、遺伝子改変マウスを用いて幅広い薬効薬理試験、安全性薬理試験、薬物動態試験などの非臨床試験受託を行うとともに、霊長類を用いた非臨床試験受託も行い、幅広く顧客ニーズに対応しています。
 薬効薬理試験においては、各種動物を用いて病態モデルを作製し、医薬品、ジェネリック医薬品の生物学的同等性試験、医療機器、特定保健用食品の評価等の評価を実施しています。霊長類を用いた安全性薬理試験、各種動物を用いた薬物動態試験など、長年の実績に裏打ちされた高品質な多種多様な非臨床試験受託を取り揃え、高いコンサルティング力により、顧客へベストソリューションを提供することで評価されています。
 CRO事業は、創薬プロセスにおける、リード化合物の探索と最適化、非臨床試験、臨床試験の支援を行っています。
先端医療事業
先端医療事業
 先端医療事業においては、遺伝子解析受託サービス、遺伝子解析技術と病理診断技術を融合させた分子病理解析、タンパク質定量解析等を提供し、個別化医療に向けた創薬支援を行っています。特に分子病理解析は、製薬企業の需要が高く、技術力に裏打ちされた質の高いサービスとして評価されています。
 また、現在重要な研究領域であるiPS細胞や幹細胞、癌幹細胞などの細胞レベルでの遺伝子、タンパク質解析、さらには1分子レベルの解析など、研究者の求める先端的な研究をサポートする基盤技術の確立を進めています。
病理診断事業
病理診断事業
 年間十数万件の病理細胞診を実施している経験豊かな常勤認定病理医が、グローバル基準の認定(CAP)施設での質の高い病理組織診断、既成プローブによるISH/FSH解析の提供や、子宮頸がん検出率向上を目的として液状細胞診とHPV核酸検出検査の併用に取り組んでいます。
  • 総合カタログ
  • メールマガジン登録
  • IRメール配信サービス
  • プレスリリース
製品・サービスに関するご相談・お問合わせメールフォームはコチラ
  • リプロダクティブテクノロジー研修センター
このページのトップへ戻る