HOME > 製品・サービス > 高密度ヒト組織マイクロアレイ

高密度ヒト組織マイクロアレイ

TOPICS・キャンペーン情報

高密度ヒト組織マイクロアレイ

当社は、創薬研究、特に創薬ターゲット分子やマーカー分子、抗体医薬の評価に有用な高密度ヒト組織マイクロアレイやヒトの組織、およびそれらを用いた各種サービスを提供しております。本サービスは、米国TriStar社の技術をご提供するものです。

STEP

価格

お客様のご要望を伺って費用のお見積もりをご提案いたします。一度、お問い合わせください。

項目

Tissue Micro Array (ホルマリン固定および凍結組織アレイ)
正常組織アレイ Low Density Type 96 スポット
(32 normal human tissue × 3 donors)
High Density Type 608 スポット
(76 normal human tissues × 8 donors)
Multi Tumor Array Low Density Type 120 スポット
(10 cancer × 12 donors)
High Density Type 3500 スポット
(3500 donor spots from < 120 cancers)
※Breast, Colorectal, Prostate, Lung, Ovarian, Head & Neck, Melanoma, Liver, Renal Cell & Pancreatic 等
単一癌組織マイクロアレイ 53~250 スポット
(Primary tumors, Metastases,Normal由来)
※Breast, Colorectal, Prostate, Lung(NSCLC, SCLC), Ovarian,Head & Neck, Melanoma, Pancreatic, Stomach, Renal Cell, Bladder, Hematological Cancer(Hodgkin's disease、Non- Hodgkin's Lymphoma, AML)
Prognosis & Progression array 130 ~ 2800スポット
(with Follow Up Information)
※Breast, Colon, Prostate, Lung, Pancreatic, Bladder, Kidney, Endometrium, Head & Neck, Ovarian 等
※ドナーの5~10年の臨床予後データ(年齢・治療内容・癌ステージ等)が付属
凍結組織マイクロアレイ 18 ~ 60スポット
※Breast, Colorectal, Prostate, Lung, Pancreatic, Ovarian Bladder, Renal Cell, Hodgkin’s disease、Non- Hodgkin’s Lymphoma, Melanoma

アルツハイマー症・パーキンソン病を含めた中枢疾患のアレイ
IBD(炎症性腸疾患)やリウマチ等の炎症性疾患のアレイ
受託サービス
免疫組織化学染色(IHC) ホルマリン固定および凍結組織マイクロアレイを用いた抗体のIHCプロトコル開発~実施・解析結果のフィードバック
FISH解析 凍結組織マイクロアレイを用いたFISH解析
組織交差反応性試験受託 FDAが要求する臓器組織を有するアレイ、組織切片を用いたIHC解析

TriStar社 概要

TriStar社

TriStar社(本社:アメリカ メリーランド州)は、分子病理関連技術に特化したバイオ企業で、ヒト組織マイクロアレイなどの製品ならびにこれらの関連受託により、全く新しい分子疫学的な技術サービスを提供しております。
http://tristargroup.us/

その技術には、下記のような優位性があります。

1. 分子病理的なハイスループット解析に有用なヒト臓器組織由来の高密度・高品質の組織マイクロアレイを大量に製造・販売している。

2. 特にヒト癌組織については、20,000を超える組織標本を蓄積しており、これらから製造されるマイクロアレイには、臨床症状や治療歴といった臨床予後データ情報が付加されている。

3. マイクロアレイの製造・販売だけでなく、特定の抗体に対する免疫組織細胞化学染色(IHC)のプロトコル開発~実施・病理検査結果のフィードバックやFISH解析等、各種サービスを提供している。

4. 年間300件以上のプロトコール開発により、累計1,000万ポイント以上のデータ解析実績を有しているため、特定の分子について蓄積した発現データを提供することができる。

5. 抗体医薬の治験許可申請において、FDA(米国食品医薬品局)が要求する臓器・器官に関する交差反応性のデータ解析を行っている。

  • メールマガジン登録
  • IRメール配信サービス
  • プレスリリース
製品・サービスに関するご相談・お問合わせメールフォームはコチラ
  • リプロダクティブテクノロジー研修センター
このページのトップへ戻る