HOME > 製品・サービス > 糖鎖合成受託 > 誘導体合成と糖鎖合成

糖ペプチド合成

糖ペプチド合成の特徴

マイクロ波照射により効率的に合成し、糖鎖部分を酵素によって自在に修飾

ペプチド合成は、一般的に樹脂上でビルディングブロックと言われるアミノ酸を順次縮合する固相合成によっておこなわれています。糖ペプチドを固相合成するためには、ビルディングブロックとして糖がアミノ酸側鎖に結合した「糖アミノ酸」を使用する必要があります。この糖アミノ酸は通常のアミノ酸ビルディングブロックと比べて立体的に嵩高いために、通常のペプチド固相合成では収量が低くなることがわかっています。そこで弊社は、ビルディングブロックの縮合に際して、マイクロウェーブを照射することで迅速かつ効率的に糖ペプチドの合成をおこなっています。また、合成によって得られた糖ペプチドに対して各種糖転移酵素を作用させることで、N結合型、O結合型などの複雑な構造を持つ糖ペプチド合成が可能となっています。

お問合わせフォーム

必須印は必須項目ですので必ずご入力ください。

必須お問合わせ項目
ご所属
必須お名前
フリガナ
ご住所

必須お電話番号
必須メールアドレス
必須メールアドレス
確認のためもう一度入力してください。
必須ご希望の連絡方法
当社製品・サービスをどのようにしてお知りになりましたか?
(複数選択可)







必須お問い合わせ内容
製品・サービスに関するご相談・お問合わせメールフォームはコチラ
  • メールマガジン登録
  • IRメール配信サービス
  • プレスリリース
  • リプロダクティブテクノロジー研修センター
製品・サービスに関するご相談・お問合わせメールフォームはコチラ
このページのトップへ戻る