HOME > 学会・論文発表 > 2018年度

学会・論文発表

2018年度

【学会・論文発表】「第3回 可視化マウス研究会」を開催いたします

2018年1月24日(水) TKPガーデンシティ品川において、第3回可視化マウス研究会を開催いたします。病態可視化マウスの研究に取り組んでいらっしゃる先生方にご講演いただき、情報交換し、当該マウスを用いた研究の進展を目指します。

研究会:第3回可視化マウス研究会
日 時: 2018年1月24日(水)14:00-19:00
会 場: TKPガーデンシティ品川(ネクサス)

概 要: 講演会(14:00-17:00)
       岩脇隆夫先生 (金沢医科大学総合医学研究所)
       「ATF4の翻訳活性化機構を利用した統合ストレス可視化モデルマウスの開発」

       森下英晃先生 (東京大学大学院医学系研究科)
       「新規オートファジ―活性可視化マウスの開発」

       浜田俊幸先生 (北海道大学大学院保健科学研究院)
       「生体複数部位の遺伝子発現を長期間追跡定量する新規光計測システム」

       佐藤守俊先生 (東京大学大学院総合文化研究科)
       「生命現象の光操作技術の創出」

       懇親会(17:00-19:00)

主 催: 株式会社トランスジェニック
共 催: 高信化学株式会社

問合先: 可視化マウス研究会事務局 ((株)トランスジェニックジェノミクス事業本部内)
       電話番号:078-306-0295
       URL:http://www.transgenic.co.jp/contact/

ご参加をご希望の方は、可視化マウス研究会事務局(当社ジェノミクス事業本部内)にご連絡の上、研究会へのご登録をお願いいたします。
※準備の都合上、1月8日(月)までにご連絡ください。

皆様のご参加お待ちしております。

第3回可視化マウス パンフレット
第3回可視化マウス プログラム

当社関連サービス
http://www.transgenic.co.jp/index_img/ERAI-Luc_OKD-Luc.pdf

  • 前の記事へ 
  • 一覧に戻る
  • 総合カタログ
  • メールマガジン登録
  • IRメール配信サービス
  • プレスリリース

ピックアップコンテンツ

製品・サービス

  • TG Resource Bank®
  • 遺伝子改変マウス作製受託
  • モノクローナル抗体作製

株主・投資家様情報

  • IRライブラリー
  • IRカレンダー
  • 業績ハイライト
製品・サービスに関するご相談・お問合わせメールフォームはコチラ
  • リプロダクティブテクノロジー研修センター
このページのトップへ戻る