HOME > 技術・研究開発 > 研究開発基本戦略および体制

研究開発基本戦略および体制

研究開発基本方針

基礎研究支援から、臨床試験支援まで事業を拡大し、収益基盤の確立を目指すという目標はほぼ達成しました。研究開発の次の目標は、拡大した各事業間の連携による既存事業のさらなる強化と新規事業の展開です。有用な新規技術および新規モデルマウスの開発および導入、そのモデルのCROへの展開、新規技術を用いた事業展開、診断薬シーズ探索の拡充のため、熊本大学、群馬大学、東京大学、産業技術総合研究所等との共同研究を展開し、将来的な収益化につながるプロジェクトに経営資源を投入します。

研究開発体制

研究開発は、研究開発会議のもとに、マウスグループおよび抗体試薬グループが、相互協力し技術開発、製品開発を進めるとともに、新規技術導入、新規バイオマーカーの開発を目的とした研究開発を進めております。

研究開発体制
  • 総合カタログ
  • メールマガジン登録
  • IRメール配信サービス
  • プレスリリース
製品・サービスに関するご相談・お問合わせメールフォームはコチラ
  • リプロダクティブテクノロジー研修センター
このページのトップへ戻る