HOME > 学会・論文発表 > 2020年度

学会・論文発表

2020年度

抗体の糖ペプチド結合部位の立体構造に関する論文が英国科学雑誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載されました。

抗体の糖ペプチド結合部位の立体構造に関する論文が英国科学雑誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載されました。
このたび掲載されました論文は、当社子会社の医化学創薬株式会社国立大学法人 千葉大学及び国立大学法人 東北大学との共同研究において、抗体の糖ペプチド結合部位を初めて明らかにしただけでなく、IgG抗体が他の低分子型の結合分子と比較して、糖ペプチドのような大きく立体的なエピトープ(抗原認識部位)として認識できる優位性を示したものです。
 
 Biochem Biophys Res Commun.
*Satoshi Ogasawara, Kano Suzuki, Kentaro Naruchi, Seiwa Nakamura, Junpei Shimabukuro, Nanase Tsukahara, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato, *Takeshi Murata
(*責任著者)
 
詳細はこちらをご覧ください。
  • 前の記事へ 
  • 一覧に戻る
  • 総合カタログ
  • メールマガジン登録
  • IRメール配信サービス
  • プレスリリース

ピックアップコンテンツ

製品・サービス

  • TG Resource Bank®
  • 遺伝子改変マウス作製受託
  • モノクローナル抗体作製

株主・投資家様情報

  • IRライブラリー
  • IRカレンダー
  • 業績ハイライト
製品・サービスに関するご相談・お問合わせメールフォームはコチラ
このページのトップへ戻る