HOME > 株主・投資家様へ > 経営方針 > ディスクロージャーポリシー

経営方針

ディスクロージャーポリシー

情報開示の基本方針

株式会社トランスジェニックは、株主、投資家等全てのステークホルダーの皆様との信頼関係構築を目的として、透明性、公平性、継続性、適時性を基本に、迅速な情報開示に努めております。

情報開示方法

証券取引法および東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する重要情報は、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)にて開示します。
TDnetにて開示後、すみやかに報道機関に同一情報を提供すると共に、当社ホームページにも直ちに同一情報を掲載いたします。

業績予想および将来の予測に関して

当社の開示資料における将来の見通しに関する情報は、過去の事実でないものは、当該資料作成時に入手可能な情報による当社の判断に基づいています。従いまして、将来の情報につきましては、様々なリスクや不確定要素などの要因が含まれており、実際の結果と異なる場合があります。

沈黙期間について

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するために、決算日の翌営業日から決算発表日までを「沈黙期間」とし、この間の決算に関するコメントおよび質問に対する回答は回答は控えさせていただきます。ただし、この沈黙期間中に従来の業績予想から大幅な変更が見込みが出てきた場合は、適時開示規則に従い公表いたします。

経営方針

株主・投資家の皆様へ
株主・投資家の皆様へ社長から株主・投資家の皆様へのメッセージを掲載しています。
コーポレートガバナンス
コーポレートガバナンストランスジェニックのコーポレートガバナンスについて紹介しています。
事業等のリスク
事業等のリスクトランスジェニックの事業等を遂行する上でのリスクについて掲載しています。
ディスクロージャーポリシー
ディスクロージャーポリシートランスジェニックのディスクロージャーポリシーを掲載しています。
  • メールマガジン登録
  • IRメール配信サービス
  • プレスリリース
製品・サービスに関するご相談・お問合わせはメールフォームはコチラ
  • リプロダクティブテクノロジー研修センター
このページのトップへ戻る