HOME > 株主・投資家様へ > 経営方針 > 事業等のリスク

経営方針

事業等のリスク

トランスジェニックの事業等を遂行する上でのリスクについて掲載しています。

(1) 企業買収について

 当社グループは、事業領域の拡大のため、業務提携や企業買収等を実施することがあります。これらの意思決定に際しては、対象となる企業の事業内容や財務内容、取引関係等について詳細な事前審査を実施し、十分にリスクを検討してまいります。しかし、事前調査で把握できなかった問題が生じた場合や、事業環境の変化等により当初想定した効果が得られない場合、のれんの減損処理等によって当社の業績および財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

(2) 技術革新について

 当社グループが属するバイオ・テクノロジー業界においては、日進月歩で技術開発が進められております。
従って、技術革新による市場の変化や競合他社に対する技術的優位性の喪失が生じ、当社グループの業績に重大な影響を与える可能性があります。

(3) 製薬業界の動向による影響について

 当社グループは、製薬企業からの非臨床試験、臨床試験の受託の売上高に占める比率が高く、製薬業界の研究開発活動の動向に大きな影響を受ける可能性があります。

(4) 公的研究機関及び大学等との関係について

当社グループは新たな技術導入及び移転を目的として、公的研究機関や国立大学法人熊本大学などの大学と共同研究を実施しております。企業と公的研究機関等との関係は、法令などの改正や組織改正に影響を受ける可能性があり、共同研究の方向性や権利関係の変更を余儀なくされる場合は、当社の事業戦略や業績に影響を与える場合があります。

(5) 知的財産権について

平成30年3月末日現在において、当社グループ事業に関連した特許権等の知的財産権について、第三者との間で訴訟やクレームが発生した事実はありません。当社グループは、こうした問題を未然に防止するため、新たな事業展開を行う場合、特許事務所に特許調査を依頼しており、他社が保有する特許等への抵触により、事業に重大な支障を及ぼす可能性は低いものと認識しております。

(6) 法的規制について

① 実験動物関連
 ジェノミクス事業及びCRO事業の実験動物関連サービスに関して、動物愛護の観点などから、欧米特に欧州では実験動物使用禁止の規制導入が検討されています。日本において導入された場合は、実験動物市場は閉塞し、業績に多大な影響を与える可能性があります。


② 遺伝子関連
 当社グループは、DNAを生物に導入する際の設備や取扱いが定められている「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」や「組換えDNA技術工業化指針」などの法律及び指針を遵守しております。これらの規制が強化された場合、当社グループの事業に影響を与える可能性があります。

経営方針

株主・投資家の皆様へ
株主・投資家の皆様へ社長から株主・投資家の皆様へのメッセージを掲載しています。
コーポレートガバナンス
コーポレートガバナンストランスジェニックのコーポレートガバナンスについて紹介しています。
事業等のリスク
事業等のリスクトランスジェニックの事業等を遂行する上でのリスクについて掲載しています。
ディスクロージャーポリシー
ディスクロージャーポリシートランスジェニックのディスクロージャーポリシーを掲載しています。
  • メールマガジン登録
  • IRメール配信サービス
  • プレスリリース
製品・サービスに関するご相談・お問合わせはメールフォームはコチラ
  • リプロダクティブテクノロジー研修センター
このページのトップへ戻る