HOME > 技術・研究開発 > 研究開発の状況

研究開発の状況

当社は、3つの研究開発パイプラインを進めています。
1.遺伝子改変マウスの作製技術
 可変型遺伝子トラップ法を契機として、その後はES細胞を用いた相同組換え技術、遺伝子導入マウス作製技術の効率化を達成してきました。最近は、ROSA26座位での組換技術、そしてCRISPR/Cas9法も実用化しています。新規技術の開発に積極的に取り組んでいます。
2.モデルマウス系統の開発
 大学等の研究機関で作製された、あるいは共同研究等により作製されたモデルマウスを積極的に導入しています。その結果、これまでに、病態可視化マウス、がん等の疾患モデルマウスの販売を開始しています。また、モデルマウスの販売にとどまることなく、将来のCRO事業への展開を見据えたモデルマウスにも重点を置き、特に肝臓ヒト化マウスの開発も行っております。
3.抗体製品の開発と応用
 GANP®マウス技術を用いて作製した抗体や外部研究機関から導入した様々なシーズをバイオマーカーとして診断薬へ展開するよう研究開発を進めております。バイオマーカー開発パイプラインの充実を図ることで、抗体事業のブランド力を高めてまいります。

研究開発パイプラインの進捗状況

研究開発パイプラインの状況

研究開発トピックス

研究開発トピックス

主な特許成立マップ

トランスジェニックの特許群は、トラップ技術関連、GANPマウス技術関連、腫瘍マーカーなどが事業の根幹となっています。これらの知的財産をもとに、国内外の複数の企業とライセンス契約を積極的に進めてまいります。

特許マップ
  • 総合カタログ
  • メールマガジン登録
  • IRメール配信サービス
  • プレスリリース
製品・サービスに関するご相談・お問合わせメールフォームはコチラ
  • リプロダクティブテクノロジー研修センター
このページのトップへ戻る